楽天カードでキャッシング枠はどうする?審査に係る疑問

楽天カードでキャッシング枠はどうする?審査に係る疑問

楽天カード キャッシング

 

楽天カードでキャッシングをするためには、キャッシング枠を確保することが必要です。

 

楽天カードの申し込みと同時にキャッシング枠の申し込みをして引き落とし口座の登録をしていると、キャッシング枠ができます。

 

申し込んでいない場合は、楽天e-NAVIのホームページにログインして「ご利用可能枠の変更」よりキャッシング機能の付帯を申し込み、引き落とし口座のご登録も必要です。

 

キャッシング利用枠にも別途審査がありますので希望どおりになるかは分かりません。
なお、キャッシングご利用可能枠の取り消しをする場合も同様のホームページから行えます。

 

キャッシングは大きく分けて3種類

 

キャッシングの利用には、キャッシングサービス、ネットキャッシング、海外キャッシングがあります。

 

キャッシングサービスは、銀行・コンビニに設置しているATMを利用して現金を引き出す方法です。

 

ネットキャッシングは、パソコン・ケータイから手続きを行い、引き落とし口座に振り込むをするサービスになります。

 

海外キャッシングは、海外の提携ATMより現地通貨により現金を引き出すことができ、銀行で両替するよりも安くなることもあるようです。

 

楽天カードの利用限度額の中で、クレジットカードとキャッシング枠を使用することになるため、海外で楽天カードで買い物をして海外キャッシングで現金を引き出したら、クレジットカードの使用が出来なくなったのでは困りますので、計画的な使用はやはり必要ですね。

 

→ キャッシングも利用できる楽天カードを申し込む

楽天カードの審査はどうなのか

 

楽天カードの審査は実はあまり厳しくないといわれています。

 

まず楽天カードを作るときも楽天の普通の会員登録をしなければいけません。

 

特に何の目的で使おうか決まっていない人はショッピング目的などでいいです。

 

会員登録をするときに住所などを登録します。
もちろんアフリエイト目的だけでも楽天カードを作ることが出来ます。

 

ショッピングより儲けるアフリエイトを利用しようと考えているならもちろん出来ます。

 

銀行も登録しなければいけないため、操作がいろいろすることはあります。
しかし審査は厳しくないのがいいです。

 

楽天カードを作るときに必要なものは個人情報と身分証明書です。

 

個人情報は楽天カードを欲しいと思ったとき、操作入力が必要です。
身分証明書は楽天カードが手元に届くときに、運送業者に見せる必要があります。

 

ただしここで注意なのが身分証明書によっては全て大丈夫なわけではなく、一部の身分証明書は通用しないので注意をしなければいけません。

 

大人ならマイナンバーもしくは運転免許証などで十分通ります。

 

審査というより申し込めば、自動的にメールで送られてから郵送されるので心配ありません。

 

ただし選択するときに申請書を郵送されるか楽天カード郵送するか選ばなければいけません。

 

楽天カードを申し込む時に、「キャッシング枠」をあわせて申し込むと、通常のクレジット審査とは別にキャッシングの審査があるので、時間もかかり、審査落ちする可能性は高くなると言われています。

 

審査をスムーズに通過するためには、このあたりにも注意して申し込む方がいいでしょうね。

 

→ 審査もスムーズな楽天カードの詳細

ホーム RSS購読 サイトマップ