楽天カード【ETCカード】年会費無料にする方法って?

楽天カード【ETCカード】年会費無料にする方法って?

楽天カード ETCカード

 

楽天カードには、ETC機能が付いたカードを申し込むことができます。

 

ETCカードは高速道路を利用するなら、今では持っていない人のほうが少ないほどの便利なカードですね。

 

楽天ETCカードを発行するにはまず、公式サイトから楽天カードを発行と同時にETCカードも申し込みます。

 

→ ETCカードも付帯して申し込める楽天カード

 

楽天カードETCカードを無料にできる条件とは

 

年会費が540円かかるのですが、条件をクリアすると年会費がかからなくなります。

 

ETCカードの年会費が免除(無料)になる条件は、付帯元のカードの種類か、楽天会員ランクによります。

 

ETCカードの年会費が無料になる条件
  • カードの種類・・・楽天ゴールドカード、楽天プレミアムカードや楽天ブラックカード保有者
  • 楽天市場の会員ランク・・・プラチナ会員かダイヤモンド会員

 

まずカードの種類ですが、年会費無料というのが楽天カードのメリットですよね。

 

もし楽天ゴールドカード、楽天プレミアムカードや楽天ブラックカードを持つのなら、年会費が別途必要になります。
なので、ETCカードの年会費540円を節約するために、こうした年会費有料のカードを申し込むのは現実的ではありません。

 

ただし、プレミアムカードなどは楽天市場で一定以上のお買いものをする方は、ポイントが効率的に貯めることができるので、もともとこうした有料カードを申し込むことはありですね。

 

 

ETCカードの申込み方法

 

すでに楽天カードを持っている場合は、会員専用のオンラインサービスからETCカードを申し込むことができます。

 

楽天カードの審査は1週間ほどですが、ETCカードはカードを申し込んだ方が受け取ったことを確認してからの発送となるため、それから
約2週間かかります。

 

 

ETCカードは元カード1枚に1枚限定

 

注意なんですが、楽天ETCカードは複数枚持つことはできず、カード1枚につきETCカードも1枚と決められています。

 

家族カードにも付帯することはできないので、注意が必要となります。

 

カードを利用すると高速道路の料金の支払いの際、通行料金100円につき1ポイントの楽天スーパーポイントが貯まるほか、日常のお買い物、公共料金などのお支払いなどでもポイントを貯めることができます。

 

また、車やバイクをお持ちの方はガソリンの給油の際に、楽天スーパーポイント加盟店であるENEOSを利用をし、カードでの支払いをすることでお得にポイントが貯まります。

 

→ ETC利用でもポイント高還元の楽天カード

ホーム RSS購読 サイトマップ